お問合せ倍増計画|Vol.6|「100人のデザイナー」リニューアルで学ぶSEO実況中継

第5回:上位表示の最後の登竜門。
コンテンツに書くべきこと。

本メールは「100人のデザイナー」リニューアルを契機に、リアルタイムでSEO対策をご紹介していく企画。本日はノウハウとしては最後の配信となります。

本日までですべてのSEO対策のエッセンスが終了。
次回は当社のリニューアル結果の配信。

本日は各ページに書き込むコンテンツについてご紹介します。
是非お楽しみ下さい。

**************************************************
<もくじ>
第1回:Webサイトの現状を調べて目標をたてる
→前編
→後編

第2回:はじめの1歩はターゲットキーワード。集客力のあるキーワードはどう調べる?

第3回:超重要。SEOはサイト構造で決まる! サイト構造の考えかた

第4回:ここだけ押さえればOK。ソースコードとリンク構造

第5回:上位表示の最後の登竜門。コンテンツに書くべきこと。
(←いまココ)
 
第6回:「100人のデザイナー」リニューアルの結果&これからの運用対策

**************************************************

そのページに何を書く?

SEO対策の書籍を眺めると、「コンテンツマーケティング」なんていうキーワードが目に付きます。

ちょっと前に流行ったSEO対策ですが、現在も変わりなく超重要。
個人運用のアフィリエイトサイトへの評価は厳しくなっていますが、正しく価値のある情報についてはグーグルは変わらず評価しています。

ではどのような情報・コンテンツを掲載すればいいのでしょう。
「 書くことがない・・」と悩んでいる方も「ヒント」をご提供しますので是非チャレンジしてください。

どんなコンテンツ(文章)を書けばよいのか。
基本は検索ニーズにあります。

検索ニーズとは要は「検索されたワード」。
本メルマガの第一回で調べた下記のような検索ワードです。

例えば「三つ折りパンフレット」というキーワードがあります。
このキーワードで検索した人に対して「欲しい情報」を提供してあげるのです。

欲しい情報なんてわからないよ・・というかた。
そのようなかたは実際に「三つ折りパンフレット」で検索してみてください。

そして実際に上位に掲載されたページの内容を見てください。
それが検索者が探している「欲しい情報」です。

もしあなたが制作したページが、現在上位に掲載されている情報よりも詳しかったり、わかりやすかったりすると、そのうち上位に表示されるようになります。

理論は簡単ですよね?

さて、もう少し深く考えてみます。
「詳しい」「わかりやすい」というのはどういうことでしょうか。

「詳しい」「わかりやすい」を具体的に掘り下げていくと、以下の5点がポイントになります。

1)文字数が多いこと(情報量)
2)テーマが絞られている(1つのことを深く取り上げている)
3)内容が網羅的(他の上位ページで説明してあることが説明されている)
4)内容の独自性(他で取り上げていない内容や視点がある)
5)関連情報にもすぐにアクセスできる

よくSEOは文字数が多いほうがいいと言われますが、その理由は情報量が詳しさに近い概念だからです。

ただし情報量だけが重要なのではありません。
検索者にとってオールインワンの情報が手に入り、しかも関連する情報まで簡単に手に入るということが非常に重要なのです。

コンテンツ(ページ)の積み重ね。
それが全体のSEOに影響する

実はSEO対策とは「1つ1つのコンテンツを起点に、ピラミッド的にコンテンツを積み上げていく作業」です。

順序としては以下の流れです。
1)まず検索者のニーズを考え、それに対する答えをページ内で示す
2)複数のコンテンツを同じテーマのカテゴリーに分類する
3)各カテゴリー内や他のカテゴリーとの行き来(リンク)を綿密に貼っていく

こうして出来上がるのがWebサイトです。

Webサイトを俯瞰的に見ることができるのがサイトマップですが、
サイトマップは上から順に作るものではなく、検索者ニーズの答えになるコンテンツを1つずつ考え、同じテーマの塊を作り、ボトムアップで構築するものなのです。

これはとても大切な考え方なので是非覚えておいてください。

*****************************************************************

それでもどんなコンテンツを作ればいいの?
というかたへ

でもやっぱりどんなコンテンツを作れば良いの?
そのような方も当然いらっしゃると思います。
そもそも面倒ですし(笑)・・・。

そのような方は、ちょっと宣伝になってしまいますが、お気軽にご相談下さい。

弊社は独自のSEOマーケティングツールを活用しており、上位に表示されるサイトがどのような言語構成を取っているか(要はどんな単語をどのくらいの割合で使っているか)わかります。

さらに「どのようなサイト構造にすれば良いか」もわかります。

自分で時間をかければ必ず良いサイトは完成します。
しかしそれが適切か、時間コストに見合っているか疑問に思う方もいらっしゃると思います。

そのようなかたは是非お気軽にご相談下さい。
弊社が全力でサポートします!

以上、JAZYブランディングが行っているSEO対策の手順を紹介しました。
次回は弊社サイトのリニューアル結果を赤裸々に公開します。

是非お楽しみに!